封筒、はがき、名刺、カレンダー等、各種紙製品の製造・販売、
システム・OA機器等の代理店業務

トップページ > 会社案内 > キングのエコロジー

キングのエコロジー

環境のこと、マジメに考えた商品展開と廃棄物の削除活動についてご覧いただけます。


自然を守るために、
廃棄物削減やエコ商品の展開など、
はば広い取り組みをしています。

地球のことを考えた素材や商品展開

 

FSC®森林認証紙封筒・名刺


適切に管理された森林に与えられるFSC森林認証。この認証マー クがついた製品は環境を守る「信頼の証」です。
弊社はFSC森林認証紙封筒・名刺・間伐材認証紙封筒をはじめ、豊富なカラーの環境対応エコロジー窓明封筒も取り揃えています。
FSC封筒・名刺(その他、間伐材封筒、植林木封筒、クッション付き封筒、エコロジー窓明封筒も取り揃え)イメージ

FSC®森林認証制度


森林認証制度とは、適正に管理された森林から産出した木材などに認証マークを付すことによって、森林の保護を図ろうとする制度。独立した第三者機関であるFSCが、一定の基準に照らし合わせて評価・認証するもので、世界的な森林減少・劣化の問題などを背景として生まれました。

FSC封筒イメージ(封筒製造までの流れ)


森林認証制度を受けた製品は次の2種類の認証を受けています。

FM認証【Forest Management】

環境への配慮、社会的利益、経済的に継続可能な森林について、FSCが定める基準を満たすことが必要となります。

CoC認証【Chain of Custody】
FSC認証された森の木材からできた製品であることを管理・証明する認証。製造・加工・流通などのすべての段階における事業体が、 CoC認証を取得していることが必要となります。

間伐材


木々の生長に伴って混み合ってきた森林の一部の木を伐採することを『間伐』といい、その伐採された材木のことを『間伐材』といいます。
森を適切に間伐することで木々の成長を促し、また根付きもよくなることで、土砂災害などを防ぎます。
近年、代替資材の開発などにより間伐材の利用は減少傾向にありましたが、グリーン購入法によって環境物品として位置付けられ、同時に森林の保全も進むものと期待されています。

間伐材封筒イメージ(封筒製造までの流れ)

植林木


牧草地、農地跡などの未利用地に植林し、木々が生長すると伐採し、その後また植林するという「循環型の森林」から生産された木材のことを『植林木』といいます。
ユーカリなど成長の早い広葉樹を植林することにより、比較的早いサイクルで土地を有効利用することができます。
紙の再生だけでなく森の育成や、長期的に見れば二酸化炭素削減につながります。

植林木封筒イメージ(封筒製造までの流れ)

大部分の製品に再生紙を使用


全ての製品の約80%に再生紙を使用しており、さらに全アイテムの約60%がエコマーク認定を取得しています。さらに100%再生紙で作られた封筒もご提供しています。
再生紙封筒(全ての封筒の約80%に再生紙を使用、100%再生紙で作られた封筒もご提供)イメージ

非木材紙製品も積極的に採用


木材伐採などの環境問題から注目の非木材紙(ケナフ等)は、木材パルプ以外の植物から作られる紙のことです。独特な風合いをもっており、さまざまな用途が期待できます。



工場の廃棄物削減も推進

 

封筒など紙製品製造の省エネルギー化を実現した、封筒製造施設イメージ

環境を守るうえで、廃棄物そのものを減らすことも重要です。キングコーポレーションの各製造施設では、常に最新の設備を導入することで、リサイクル化を視野においた廃棄物の削減と、省エネルギー化を積極的に進めています。


環境方針

 

森林資源の保護・廃棄物の削減・省エネルギー


1. 私たちは、私たちの住むかけがえのない地球を未来へ引き継いでいくために、地球環境保全が世界人類の最重要課題であることを認識し、企業活動のあらゆる面で環境に配慮し行動していきます。
2.   (株)キングコーポレーション本社工場は、封筒・名刺・カードなど紙製品の製造を行なう中で、森林資源の保護に取組みます。
3.   当工場は、環境マネジメントシステムを構築し、継続的維持・改善及び汚染の予防を図ります。
4.   当工場は、関連する環境法規制及び当工場が同意するその他の要求事項を遵守します。
5.   環境目的及び目標を設定し、実現に向けて取組み年に1回、環境方針とともに見直しをします。
6.   当工場は、リサイクル化を視野に入れた廃棄物の削減と省エネルギー、グリーン調達を大きな軸とし環境マネジメントシステムを効率的に運用し改善を図ります。
7.   従業員一人ひとりが、社会環境に貢献できるよう、教育・啓蒙活動により環境意識を高めるとともに地域社会における環境活動にも取組みます。
8.   環境方針は、全社員及び当工場に常駐して働く全ての人に周知徹底し、一般の人には、必要に応じて入手可能とします。

ISO14001認証取得

2001年 10月 23日 プラントサーベイ審査(事前審査)
      11月   5・6日     文書審査(環境マニュアル・規程・手順書の審査)
  2002年   1月   29・30日     第1段階審査
      2月   26・27・28日     第2段階審査
      3月   6日     認証取得(SGS/J/E186:JAB)
          13日     認証取得(ETW00060:UKAS)
  2005年   3月   6日     ISO14001:2004認証取得
  2008年   2月   12・13・14日     更新審査を経て、更新
      3月   6日     認証取得(JP08/070216:JAB)
          13日     認証取得(JP02/000060:UKAS)



ページの先頭へ戻る
フッターロゴ
FLASHPLAYERバナー

このサイトをご覧になるには
Flash Playerが必要です。
ADOBEREADERバナー

PDF形式のファイルをご覧になる
にはAdobe Readerが必要です。