封筒、はがき、名刺、カレンダー等、各種紙製品の製造・販売、
システム・OA機器等の代理店業務

沿革

企業の発展が社会貢献に繋がるという強い心と共に、これからも歩み続けます。


昭和 7年 名古屋市中区東魚町にて名刺、カード等の製造販売を創業
  昭和 21年     生産工場を中村区太閤通に建設
中区東魚町を営業所(現本社)として紙製品の総合販売体制に入る
  昭和 25年12月     キング名刺株式会社を設立(名古屋市中村区)
資本金80万円
  昭和 29年 5月     大阪、金沢支店開設
  昭和 30年 7月     資本金240万円に増資
  昭和 32年 4月     福岡支店開設
  昭和 36年 8月     本社工場(現:津島工場)建設
  昭和 38年 8月     資本金960万円に増資
  昭和 42年6月     資本金1,500万円に増資
静岡、仙台支店開設
  昭和 44年10月     甚目寺工場竣工(愛知県海部郡)
  昭和 45年 4月     資本金2,500万円に増資
  昭和 46年 5月     鹿児島支店・北九州営業所開設
  昭和 47年 5月     名古屋中小企業投資育成(株)の資本参加により資本金4,500万円に増資
  昭和 47年 6月     青森、浜松営業所開設
  昭和 48年10月     堺営業所開設
  昭和 49年 8月     神戸、広島支店開設
  昭和 50年 12月     資本金7,000万円に増資
  昭和 57年 1月     第15回(56年度)中小企業研究センター賞受賞
  昭和 58年 2月     オフィスコンピュータ導入 本支店間オンライン化実現
  昭和 60年10月     本社工場(現:津島工場)竣工(愛知県津島市)
  昭和 60年11月     甚目寺工場を物流センターに改装
  昭和 61年 9月     東京支店開設
  昭和 63年 9月     本社ビル竣工移転(名古屋市中区)
  平成 2年 9月     株式会社キングコーポレーションと社名変更
  平成 3年 2月     第1回私募債発行 発行額1億8,000万円
  平成 3年 9月     札幌営業所開設
  平成 5年 4月     志免工場竣工(福岡県糟屋郡)
  平成 6年 9月     名古屋本店竣工 3階建1,621m2(490.5坪)
  平成 7年 8月     資本金7,864万円に増資
  平成 8年11月     東京支店竣工移転
  平成 9年 5月     鹿児島支店竣工移転
  平成 9年 9月     神戸支店竣工移転
  平成 10年 8月
平成 10年 10月
    本社工場(現:津島工場)増築竣工
広島支店竣工移転
  平成 12年 8月     本社工場(現:津島工場)がISO9002認証取得
  平成 12年 12月     名古屋本店物流センター新築
  平成 13年 8月     福岡支店竣工移転
  平成 14年 3月     本社工場(現:津島工場)がISO14001認証取得
  平成 15年 4月     一宮工場 操業開始
  平成 15年10月     本社工場(現:津島工場)、名古屋本店がISO9001認証取得
  平成 17年 8月     プライバシーマーク認定取得
  平成 18年 3月     大阪支店・堺営業所統合移転
  平成 18年10月     横浜支店開設
  平成 20年 8月     資本金9,489万円に増資
  平成 22年 6月     さいたま支店開設
  平成 23年 3月     横浜支店移転
  平成 25年 8月     金沢支店竣工移転
  平成 28年 9月     本社工場(現:津島工場)がJapanColor標準印刷認証取得
  平成 29年 2月
平成 29年 5月
    横浜支店移転
さいたま支店を東京支店へ統合
浜松営業所移転
  平成 30年 6月     東京支店移転
  令和 元年 6月     一宮工場 新社屋竣工
  令和 2年 7月     東福岡工場竣工(福岡県東区)
  令和 2年 10月     公式通販サイト「きんぐる」公開


発注する!
  • 既製品WEB発注
  • 印刷データ入稿
商品を探す!
  • デジタルカタログ
  • 商品検索
ダウンロード
  • 封筒テンプレート
  • ビジネス文例集
  • 商品チラシ
その他
  • キングニュース
  • 別注封筒見積依頼




ページの先頭へ戻る
フッターロゴ
FLASHPLAYERバナー

このサイトをご覧になるには
Flash Playerが必要です。
ADOBEREADERバナー

PDF形式のファイルをご覧になる
にはAdobe Readerが必要です。